パソコンの画面
  • ホーム
  • SEOをやるなら色々なツールを使って調査

SEOをやるなら色々なツールを使って調査

キーワードプランナーはキーワードの検索をされている件数や、出稿しているキーワードを新しく見つけることを言います。Googleで競合のサイト状況を確認し、グーグルサジェストを意識したコンテンツを作っていきます。サーチコンソールはGoogleで独自のデータをもとにして、最新のキーワードや検索ボリュームを意識していますので過去の傾向データを提供します。アナリティクスで入力している単語やフレーズに関連しているキーワードを特に取得し、キーワードに対しての競合性を知ることも大切です。Ahrefs
・GRCは本来Google広告で出稿する目的のツールが、SEO対策でも重要な役割としてキーワード選定で調査されることがあります。利用されている時も多い便利なツールで、検索ボリュームの表示を制限することも考えられます。キーワードプランナーは基本的に、曖昧な数値として表示されることもあり1部の利用が制限されることもあります。無料のアカウントではグーグルサジェストで、アバウト表示となっていますがこの仕様変更はさらに難しくなっています。サーチコンソールは仕様変更についても使い方が異なるので、Google広告のアカウントを用意することから始めます。アナリティクスはGoogleで広告を出すときに使うツールで、Googleアカウントの他には広告の登録もする必要があります。
すでにGoogleアカウントを持っている場合は広告のページからログインをすることになり、アカウントの登録を行っていきます。内部チェックでは1部の利用に制限があることもありますが、実際に広告を出稿させる必要がないとしています。内部チェックは検索をする際に、対策しているキーワードを入力しサイト状況を確認していきます。
Ahrefsでキーワードに関連している候補一覧が出てきますが、検索ボリュームや競合性の強さ・入札単価なども確認することができる便利なツールです。改善策として検索ページに関連するキーワードが表示されるので、コンテンツ自体を充実させるための新しいキーワードを発見する機会にもなります。新たなキーワードを見つけたい時はキーワードを検索しつつ改善していきますが、GRC・単語やフレーズなどを入力していきます。キーワードだけにとどまらずURLからも検索できるシステムで、ビジネスに関しての単語も使用することが可能です。SEO対策としても大きな力を発揮させることができます。

関連記事
人気記事一覧