パソコンの画面
  • ホーム
  • SEO対策を行うならGoogleのガイドラインを知っておくべき

SEO対策を行うならGoogleのガイドラインを知っておくべき

パソコンを使用する男性

SEO対策でキーワード乱用はユーザーにとって有益ではなく、迷惑となるほど特定のキーワードを詰め込むことです。Googleの公式ガイドラインでも新しいタブで開くと言う項目で、キーワード乱用だと判断されたコンテンツや、ページに対してペナルティが課されるケースがあると言っています。
SEO対策では検索順位の上昇を期待することが一般的ですが、コンテンツ内やサイト内にキーワードの比率をわざと増やすことはとても見にくいコンテンツにするひとつです。逆に悪影響を生じさせてしまうことになりますが、ライン引きをしっかりと行い、どの程度のものが許容範囲なのかを熟知しておくことが大切になります。ハッキングや自演リンクはもってのほかで価値のない電話番号などを羅列したり、上位表示が目的で同様のテキストを羅列しているケースもあります。
不自然なくらい同様の言葉を繰り返していることもありますし、どのようなサイトがハッキングされるのかを簡単にイメージすることから始めます。しかし、悪意はなくともキーワードを羅列する必要があるサイトもあります。ハッキングや自演リンク・低品質なコンテンツと判断されるリスクが高まりますし、最後には違反としてペナルティが課されることも視野に入れておきます。
Googleが開催しているウェブマスターに向けたものは、上級管理者であっても様々な質問を受けることになります。ガイドラインに違反している場合はウェブ上で低品質なコンテンツと理解することができるので、同様のキーワードがないか確認します。その中でスパム判断されるケースもありますが、ペナルティを受けるまでには至らないケースもあります。
Googleはこのようなページを理解することができるので、カテゴリのページで確認していきます。同様のキーワード乱用をしないように工夫をすることや、それを対象にしてユーザーから見るととても醜いですし見る価値さえないと判断します。キーワード乱用がされていても、ペナルティは受けないこともあり、検索アルゴリズムはしっかりと区別付けを行なっています。
ペナルティの対象から外すことで、悪意のあるサイトを排除しやすくします。自然なコンテンツにはアルゴリズムによって判断されますが、同じワードがタグ内にいくつあり、ページ全体の何割と言うような判断をしていきます。違反対象にならないように常に確認をしておくことが大切で、アルゴリズムのアップデートにも気をつけます。

関連記事
人気記事一覧